開催案内

日時

2024年7月8日(月)14:45〜18:00

 

開催場所

理学研究科セミナーハウス (対面のみ)
アクセス建物配置図(北部構内)【10】の建物

 

 

 

 

プログラム

14:45〜15:00

ティータイムディスカッション

15:00~ 16:00

講演1

「太陽風が奥深く入ってくる場所での地球の大気とプラズマの振る舞い」

田口 聡 博士

京都大学理学研究科地球惑星科学専攻 教授 兼 附属サイエンス連携探索センター センター長

 

地球の周りに広がる磁場は、その形状のために、太陽からの荷電粒子の流れである太陽風を特定の道筋に沿ってたやすく地球の近くまで入り込ませている。この流入過程がきっかけとなって、電子だけが狭い範囲で地球に向かってたたき落とされたり、幾重にも重なったオーロラが激しく揺れ動いたり、また、平衡状態にあるはずの超高層大気がゆっくりと上方に持ちあげられたりしている。こういった現象を解説しながら、太陽地球系物理学という分野の研究の醍醐味も伝えたい。

16:15〜17:15

講演2

「植物科学のために挑んだ学際融合」

野田口 理孝 博士

京都大学大学院理学研究科生物科学専攻植物学系 教授

 

植物は私たちの社会に食料・材料・環境を与える存在であり、その生物システムを深く探究し理解することは将来の安全な社会を実現するために重要と言える。生物科学は、生物の発揮する魅力的な仕組みや機構を次々と明らかにしており、植物の精緻で動的な姿を捉えてきた。しかし、生物学単独で研究の壁を乗り越えてきたわけではない。植物科学を突き詰めるべく、異分野の学際分野に飛び込んだ体験を研究の歩みとともに述べたいと思う。

17:15~18:00

継続討論会 コロキウム講演者との情報交換会

  

備考

・事前の登録は不要です。多数のご参加をお待ちしております。
・本コロキウムは理学部・理学研究科の学生・教職員が対象ですが、京都大学・理化学研究所に在籍されている方はどなたでもご参加いただけます。
・問い合わせ先:macs*sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)