企画名

本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る

 

参加教員

教員名 所属 職名
高瀬 悠太(代表教員) 生物科学専攻 SACRA特定助教
荒木 武昭 物理学・宇宙物理学専攻 准教授
國府 寛司 数学・数理解析専攻 教授
平島 剛志 白眉センター・生命科学研究科 特定准教授
高橋 淑子 生物科学専攻 教授
稲葉 真史 生物科学専攻 助教
 

企画の概要

 本企画では前年度同様、数理と生物科学との分野横断の実例を学びつつ、脊椎動物の生きた胚を観察し、発生過程で起こる様々な現象について数理モデルで説明できる可能性を議論する。具体的には、京都大学の活動制限対応レベルに応じて、発生現象を数理的に解析した研究論文の輪読と討論、着目する発生現象の「実物」観察をできる限り「対面+オンライン」の併用で行う。そして、これらを通して数理と生物科学との分野横断の実例を学んでいく。

  本年度注目するトピックは、下記のような「振動現象」である。

 

1)体節形成における遺伝子発現のオン/オフ(分子レベルの振動現象)
 胚発生過程の胴体領域では、脊椎骨や骨格筋を将来生み出す体節中胚葉が頭部から尾部に向かって規則正しい繰り返し構造(体節)を作る。この体節の規則正しい形成には、転写因子群の遺伝子発現振動が必須である。

 

2)心臓の拍動・腸の蠕動(ぜんどう)運動(細胞レベルの振動現象) 
 心臓や腸は生理活動として胚発生過程から周期的な振動運動(拍動や蠕動)をそれぞれ行っている。これらの運動にはペースメーカー細胞と呼ばれるリーダー役が周囲の筋肉細胞へ周期的に指令を送ることで実現されている。

 

実施期間・頻度

隔週に1回程度、通年
 

TA雇用の有無

要相談

 

その他、特記事項など

本SGの大きな目的の一つは、「本物・実物を通じた学生・教員を含めた分野間交流」であり、その目的を叶えるためには対面形式の討論・実習の方が適している。このため、京都大学の活動制限対応レベルおよび感染拡大防止に最大限配慮した上でSG活動を実施していく。

 

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。