[SG4]種々の実例から考えるパターン理論

[SG4]種々の実例から考えるパターン理論

 

企画名

種々の実例から考えるパターン理論

参加教員

教員名 所属 職名
石塚 裕大(代表教員) 数学・数理解析専攻 MACS特定助教
林 重彦 化学専攻 教授

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成30年度・通年 金曜日(予定)・隔週 16:30〜(予定) 未定

企画要旨・目的

昨年度に引き続き、Desolnaux と Mumford の Pattern theory [1] をテキストとしてセミナーを行う。 この本の主軸は、「文字列から文章を読み取る」「音声データから音楽を読み取る」などの身近なトピックについて、 数理モデルによる分析、そして自動生成を行うことである。主軸のためにどう数理モデルを立てるか、 そのために数学や情報理論からどのような概念が必要になるか、必要なアルゴリズムは何か、といった問題を順次取り扱っていく。 実際には各トピックごとに章立てされ、章を追うごとに内容が高度になるように設計されている。

このセミナーの目的は、この本の輪講や議論を通じて、数理的な分析の背景にある考え方へ理解を深めることにある。 また取り扱うトピックの具体性から、分野を超えた問題意識や知識、思考の共有なども議論を通じて行いたい。 実際の運用としては、まず各自の問題意識の共有、昨年度の復習から入り、 その後は参加者の興味に合わせつつ、輪講や演習、論文紹介などを行う。 ゆくゆくは最近のモデルについての検討や、自分の研究に活かす試みも目指したい。

[1] Agnes Desolneux and David Mumford, ``Pattern Theory’’, CRC Press.

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。

TAG