企画名

生命のダイナミクスを観て(観察)考える(数理)

 

参加教員

教員名 所属 職名
高橋 淑子(代表教員) 生物科学専攻 教授
國府 寛司 数学・数理解析専攻   教授
荒木 武昭 物理学・宇宙物理学専攻 准教授
稲葉 真史 生物科学専攻 助教
平島 剛志 シンガポール国立大学生理学科 特定准教授
伊丹將人 サイエンス連携探索センター 特定助教
 

企画の概要 実施期間・頻度

 受精卵から体が作られるとき、細胞はその形を変え(形態形成)、性質を変え(細胞分化)、そして自分の居場所を変えていく(細胞移動)。また近くや遠くの細胞と盛んに連絡をとり合う(細胞間相互作用やネットワーク形成)。このような変化を総称して細胞ダイナミクスと呼ぶ。本SGでは細胞ダイナミクスをテーマにして、その理解を深めるための分野をこえた議論を試みる。まずどのような細胞ダイナミクスがあるのかを観る。次にそのダイナミクスの理解を深めるための数理的アプローチを考える。メカノバイオロジー、神経ネットワーク、オシレーション(心拍、概日リズム、腸蠕動運動などの振動現象)などをキーワードにして、実験科学(Wet)と数理科学(dry)の融合による相乗効果を体感する。論文をじっくり読み込みながら、2−3週間に一度のペースで、教員と学生が一緒になって理解を深める。関連する研究者を外部より招へいし、また半期に一度は実習室で「本物」の胚と向き合う。単位や成績はなし。議論しながら学問をする楽しさを求めたい。
 

TA雇用の有無

TA/OA有り

 

その他、特記事項など

可能な限り対面を予定

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。