企画名

ソースコードから始まる異分野交流
 

参加教員

教員名 所属 職名
伊丹 將人(代表教員) サイエンス連携探索センター 特定助教
西本 佳央 化学専攻 助教
 

企画の概要

 数値計算は数学・物理・地学・化学・生物の全ての領域で研究に利用されており、プログラミング言語は研究者の「共通言語」になっているが、研究で使われたソースコードは公開されないことも多く、異分野交流は活発ではない。そこで本SGでは、様々な専攻・分野の教員・大学院生に、過去の研究で使用した数値計算のソースコードとその研究背景をセミナー形式で丁寧に解説していただくことで、「共通言語」を介した異分野交流を行う。この交流で、思いもよらない新たな繋がり・発見が生まれることを期待している。また、漠然とセミナーを聞くだけでは刺激が少ないので、セミナー後には参加者同士で議論する時間をとり、コードの改良・発展の提案を1つの目標とする。
 思いもよらない発見へと繋げるためにも、研究分野のみならず、プログラミングの利用目的・使用言語・熟練度の異なる多様な研究者にセミナーをお願いする予定である。プログラミング言語の基本的な部分には共通点が多いので、使用言語の違いは刺激にはなっても障害にはならないと考えている。一方で、異なる分野で共通の手法がどのように使われているのかを知るのも面白そうである。より詳細なセミナーの計画は参加者と共に決めていく。
 本SGは特定の手法の習得を目指したり、特定の課題を追究するものではないため、多くの教員・大学院生・学部生に気軽に参加していただければ幸いである。同じ専攻・同じ分野であっても研究のアプローチは多様で、研究の中でどの程度の数値計算が必要になるかは個々人で全く異なるものの、学部生にとっては、研究の現場で使われている数値計算のレベルを具体的に体感できる良い機会にもなり得ると考えている。

 

実施期間・頻度

 前期(6月~7月)と後期(10月~1月)に隔週でセミナーを実施する予定。セミナーは議論込みで90分程度を想定しており、曜日・時間帯は参加者で調整する。

 

TA雇用の有無

TA雇用あり(対象は理学研究科の大学院生で、業務は他の参加者からのプログラミングに関する質問への対応を想定している)

その他、特記事項など

 あらゆる専攻の教員・大学院生・学部生の参加を歓迎する。セミナーは対面・ハイブリッド・完全オンラインのどれでも実施可能なので、どの方法をとるかは参加者で相談して決める。ただし、参加人数や新型コロナウイルスの感染状況によっては、希望者が多くても対面では実施できない可能性もある。連絡・相談などはSlackを通して行う予定である。

 
スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。