森和俊教授が生命科学ブレイクスルー賞を受賞

森和俊教授が生命科学ブレイクスルー賞を受賞

facebooktwitter

2017/12/08更新

森和俊 教授

本研究科 生物科学専攻 森和俊教授が、2018年 生命科学ブレイクスルー賞を受賞しました。今回の受賞は、疾患の原因になりうる細胞内の異常なタンパク質を細胞内小器官の小胞体がどのように検知しているのか、異常タンパク質の集積を修復する仕組みを解明した研究に対するものです。

 

生命科学ブレイクスルー賞は、アーサー・レヴィンソン氏(アップル会長)やセルゲイ・ブリン氏(Googleの共同創業者)、マーク・ザッカーバーグ氏(Facebookの創業者)等を設立者とするブレイクスルー賞財団が、2013年に創設した賞の一つで、難病治療や延命に貢献する研究を行った研究者に対し贈られます。2013年には、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授(iPS細胞研究所)も同賞を受賞しています。

 
 

詳細は以下のページをご覧ください。