生物物理学教室

生物物理学教室

 
ヌクレオソームDNA上における多機能転写因子p53の動態の分子シミュレーション

生物物理学教室は3つの大講座からなる。
機能統合学講座では、シナプス可塑性の発現・維持・制御の分子機構や生物の進化と多様性の分子機構などの解明を目指すとともに、生体分子の構造機能について理論的研究を行っている。
情報分子細胞学講座では、情報伝達に関与する膜タンパク質の構造・機能、ゲノム情報の発現を調節する分子機構を研究している。
高次情報形成学講座では、視覚の分子機構やプラナリアを中心とした中枢神経系形成の分子メカニズムなどについて研究している。






 

研究分野
構造生理学、ゲノム情報発現学、神経生物学、理論生物物理学、分子生体情報学、分子発生学