数学教室

数学教室

各回定員60名

研究内容概要

数学は、数・図形・集合・関数などについて、人間の思考と論理に基づいて様々な結果を導き出す学問です。研究の対象に応じて代数学・幾何学・解析学などの分野がありますが、現代数学ではそれらが有機的に絡み合いながら発展しています。人間の頭の中で構想されたものでありながら、自然現象の理解には不可欠な言語・道具であり、実社会にも様々な応用があります。

当数学教室は、京都大学の「自由の学風」を生かし、代数学・幾何学・解析学などの基礎研究はもちろんのこと、最近発展しつつある分野においても常に世界をリードしています。広中平祐氏や森重文氏などフィールズ賞受賞者も輩出しています。

 

教室企画概要

最初に全体企画として、「数学教室の紹介」と数学教室教員による階段教室での「模擬講義」があります。模擬講義の今年のテーマは「『木』の数え上げ」です。
その後、「図書室見学」、「研究室訪問」、「展示コーナー」などに分かれて回っていただきます。

 
  • 図書室見学では、数学教室の書庫と貴重書を見られます。
  • 研究室訪問では、実際の教員の研究室に入って、いろいろな質問をぶつけることができます。
  • 展示・体験コーナーは、素数の秘密、パソコンで体験する数学の最前線、二重振り子のカオス、石けん膜の方程式などがあります。
 

オープンキャンパスで、普段見ることができない研究の世界をのぞいて見ませんか?! 数学が大好きな皆様をお待ちしております。是非来て見て体験してください!