気象警報発令時・交通機関不通時

気象警報発令時・交通機関不通時

気象警報発令時及び公共交通機関不通時の理学部科目に係る授業・試験の取扱い

気象警報が発令された場合または公共交通機関が不通の場合、学生の事故防止のため、理学部科目の授業・試験を次のとおり取り扱います。

 

授業の休止、試験の延期

下記1または2の場合は、授業を休止し、または試験を延期します。

  1. 京都市または京都市を含む地域に特別警報、暴風警報が発令された場合、または次のA,Bのいずれかに該当する場合
    1. 京都市営バスが全面的に不通の場合
    2. JR西日本(京都発着の在来線)、阪急電車(河原町・梅田間)、京阪電車(出町柳・淀屋橋又は中之島間)、近鉄電車(京都・大和西大寺間)のうち、いずれか3以上の交通機関が全面的または部分的に不通の場合
  2. 理学研究科長の判断による場合

授業 ・ 試験開始後に上記1または2の事態が生じた場合は、授業を休止し、または試験を延期します。

 

特別警報、暴風警報の解除、公共交通機関の運行再開に伴う授業・試験の実施

特別警報、暴風警報が解除された場合、または公共交通機関の運行が再開された場合は、以下の基準により授業・試験を実施します。

  1. 午前6時30分までに解除・運行再開の場合-1時限から実施
  2. 午前10時30分までに解除・運行再開の場合-3時限から実施
 

特別警報、暴風警報の発令・解除、公共交通機関の運行の確認・周知

  1. 特別警報、暴風警報の発令・解除及び公共交通機関の運行の確認は、テレビ・ラジオ等の報道機関の報道によります。
  2. 1時限開始後に上記「授業の休止、試験の延期」-1.の事態が生じた場合は、掲示等により周知します。