[SG6]自然科学へのゲーム理論的アプローチ

[SG6]自然科学へのゲーム理論的アプローチ

 

企画名

自然科学へのゲーム理論的アプローチ

参加教員

教員名 所属 職名
太田 洋輝(代表教員) 物理学・宇宙物理学専攻 MACS特定助教
石塚 裕大 数学・数理解析専攻 MACS特定助教

特別協力

職員名 所属 職名
田島 知之 生物科学専攻 教務補佐員

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成30年度・通年 水曜日(予定)・隔週 16:30〜(予定) 未定

企画要旨・目的

ゲーム理論のテキスト輪講と関連論文紹介のジャーナルクラブを並行して行う。テキスト*としては、「繰り返しゲーム」のテキストを使用し、関連論文の題材としては、霊長類生態系を中心に自然科学全般から、参加者自身または参加教員と相談しながら選定する。後期は、それらに加えて「量子ゲーム」を取り上げる予定で、詳細については後期が始まる前に通知する。前期のみ、後期のみの参加も可能である。

このSGの目標は、ゲーム理論を通して自然科学を横断的に見渡し、異なる専攻を持つ参加者が交流するための共通言語を身につけることである。参加学生の課題は、半期1,2回の各自担当の輪講と論文紹介のみであり、これを機に主体的に未知の分野を探検しようとする学生に適しているだろう。

*  G. J. Mailath and L. Samuelson, “Repeated Games and Reputations”, Oxford Univ. Press, 2006

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。

TAG