[SG2]イメージングと数理の融合:動きや形の定量とモデリング

[SG2]イメージングと数理の融合:動きや形の定量とモデリング

 

企画名

イメージングと数理の融合:動きや形の定量とモデリング

参加教員

教員名 職名 所属
加藤 毅 教授 数学・数理解析専攻
平島 剛志 講師 医学研究科 医学・医科学専攻
松田 道行 教授 生命科学研究科 高次生命科学専攻 / 医学研究科 医学・医科学専攻
寺井 健太 准教授 生命科学研究科 高次生命科学専攻
三内 顕義 特任助教 数理解析研究所
本田 直樹 特定准教授 生命科学研究科 高次生命科学専攻

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成29年度・通年 参加者と相談の上、不定期で行う。 未定 未定

企画要旨・目的

顕微鏡を用いた分子・細胞・組織のイメージングは、現代の生命科学を推進する強力な手法である。イメージングにより得られる動きや形の定量と、 それに基づく数理モデル構築について議論する。 また、昨今の生命科学における学際融合研究に必要な基礎知識となる数理、統計、計算生物学の入門となる場を提供する。

ホームページ

https://sites.google.com/site/macssg2017/

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。

TAG