MACS SG3共催 生物多様性コロキウム

MACS SG3共催 生物多様性コロキウム

アクトミオシンが駆動する細胞集団運動と組織形態制御

日時

2018年8月3日(金)16:30〜

 

場所

京都大学理学部1号館106号室(BP1)
アクセス 建物配置図(北部構内)【2】の建物

 

講師

進藤 麻子氏(名古屋大学大学院 理学研究科 生命理学専攻 細胞制御学グループ)

 

概要

体内組織の形態は組織を構成する細胞集団が発生過程において適切に分裂、移動、配置することにより作られる。細胞移動の駆動力として、細胞骨格アクチンとモーター蛋白質ミオシン(II型)の複合体であるアクトミオシンが発生する収縮力がよく知られている。アクトミオシンが細胞内および細胞間で適切に制御されることは正常な組織形態を獲得するために必須であり、アクトミオシンの時空間的な制御機構の解明は発生生物学における重要な課題の1つである。本セミナーでは、アフリカツメガエル胚を用いたin vivoライブイメージングと数理モデルを組み合わせた研究を紹介し、特に隣接細胞間で協調的に制御されるアクトミオシン動態の意義を議論する。