第12回 MACSコロキウム・2020年度MACS学生説明会

第12回 MACSコロキウム・2020年度MACS学生説明会

日時

2020年7月17日(金)午後3時から

 

講義形式

オンライン配信(Zoom)
本コロキウムのZoomIDとそのパスワードは開催時期が近くなりましたら, KULASISでお知らせします.
またMACS スタディーグループ(SG)仮登録の以下のホームページから 事前登録していただけると確実にその登録メールアドレスにお送りします.

https://forms.gle/BBmeC8y1ZLiA7iEfA (Google フォーム)

※SG参加対象:
主に理学研究科大学院生,理学部3,4回生
それ以外の学生さんの登録も可能ですが, 参加希望者多数の場合は調整の可能性があります.

今年度のSGの情報は以下のHPから得ることができますので参考にしてください.
http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/academics/programs/macs/sg/sg2020/
 

プログラム

15:00〜16:00 講演1
「トポロジカルデータ解析:理論と応用」
平岡 裕章 博士(京都大学 高等研究院 教授、理化学研究所 革新知能統合研究センター チームリーダー)

この講演ではトポロジカルデータ解析(TDA)の紹介を行う.TDAではパーシステントホモロジーやMapperと呼ばれる数学的手法が良く知られているが,これらは表現論,確率論,機械学習,最適輸送などと関連しながら発展している.講演ではTDAの歴史的背景や上に挙げた様々な数学的な広がりを解説するとともに,生命科学や材料科学を中心に,実際にTDAが応用の現場で使われている例も紹介する.トポロジーに基礎をおく新たな応用数学手法としての魅力を伝えたい.

16:15~17:15

 

2020年度MACS学生説明会
 

MACSスタディーグループ2020(順不同)

  • データ同化の数理と応用:理論モデルとデータをつなぐデータサイエンス
     代表教員:坂上 貴之(数学・数理解析専攻)
  • カイメン骨片骨格形成の数理モデル構築
     代表教員:船山 典子(生物科学専攻)
  • 本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る
     代表教員:高瀬 悠太(生物科学専攻)
  • 自然科学とランダム行列
     代表教員:石塚 裕大(数学・数理解析専攻)
  • 自然科学における統計サンプリングとモデリング:数理から実践まで
     代表教員:林 重彦(化学専攻)
  • Interdisciplinary Science Academy
     代表教員:太田 洋輝(物理学・宇宙物理学専攻)
  • 脳・生命の意思決定の数理
     代表教員:加藤 毅(数学・数理解析専攻)
  • 理化学研究所と MACS を繋ぐパイプライン
     代表教員:小林 俊介(数学・数理解析専攻)
  • 疾患における集団的細胞挙動の数理モデルの開拓
     代表教員:Karel Svadlenka(数学・数理解析専攻)
  • コンピュータでとことん遊ぶ
     代表教員:藤 定義(物理学・宇宙物理学専攻)
  • 理学におけるデータ科学実践:機械学習で自然科学を読み解けるか
     代表教員:中野 直人(理学研究科 連携講師)
17:30~18:30

講演2
「臨床医学の課題に切り込む数物科学」
田中 求 博士(ハイデルベルク大学 物理化学研究所 教授、京都大学 高等研究院 医学物理・医工計測グローバル拠点 教授)

第一回目ノーベル物理学賞はX線の発見によりレントゲンに送られたという例を引くまでもなく、現代医学の進歩と数物系科学のブレークスルーは密接な関係にあります。近年、生命を究極の非平衡解放系としてとらえようとする学問的流れが生まれてきましたが、単純化した人工モデルや確立された細胞株を用いた研究にとどまりがちです。本コロキウムでは、精密計測と数理解析を用いて臨床医学の重要課題に切り込む取組の現状と、その将来への展望をご紹介します。

備考

◎京都大学の学生・教職員はどなたでもご参加いただけます。申し込み不要。
◎問い合わせ先:macs@sci.kyoto-u.ac.jp