第10回 MACSコロキウム

第10回 MACSコロキウム

日時

2019年11月15日(金)14時45分~

 

場所

理学部6号館401講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【4】の建物

 

プログラム

14:45〜 ティータイム

15:00~

 

「21世紀の天文学 構造形成学から物質科学へ」
坂井 南美 氏
理化学研究所 開拓研究本部 坂井星・惑星形成研究室 主任研究員

 

21世紀になり、国際協力のもとで巨大観測装置が実現したことで、天文学の研究対象と役割は大きな変革の時を向かえています。遥か遠くの宇宙に存在する原子や分子などの”物質”が詳細に観測できるようになったためです。

どのようにして私たちを取り巻くこの豊かな世界が実現するに至ったのか。アルマ望遠鏡などを用いて星や惑星の誕生過程の研究をすると共に、最先端の分子科学分野との共同研究によりこれを明らかにしようと試みています。

(講演終了後、質疑応答)

16:15~

「有機固体中の電子励起状態ダイナミクス」
渡邊 一也 氏
京都大学大学院理学研究科 分子分光学研究室 教授

 

π電子系を持つ有機分子は,光と相互作用することでさまざまな機能を発現するため、その電子励起状態における超高速ダイナミクスは古くからの研究対象とされてきました。多彩な超高速過程を理解する上で,分子の原子核の振動運動と電子励起状態の結合を解明することは重要です。講演では,有機固体で発現する一重項励起子分裂などの超高速現象をとりあげ,極短パルスレーザー光を用いた時間分解分光による研究について紹介します。

(講演終了後、質疑応答)

17:45~

継続討論会(軽食をつまみながら気楽な雰囲気で講演者や参加者と学問の話をする場です)  

場所:理学部6号館202号室

 

備考

京都大学の学生・教職員はどなたでもご参加いただけます。申し込み不要。

 

問い合わせ先

macs*sci.kyoto-u.ac.jp 〔*を@に変えて送信してください〕