第2回 MACSコロキウム
「数理から生物多様性まで-同時にはめったに聞けないおもろい話-」

第2回 MACSコロキウム
「数理から生物多様性まで-同時にはめったに聞けないおもろい話-」

日時

2017年12月26日(火曜日)午後3時から

 

場所

理学部6号館401講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【4】の建物

 

プログラム

15:00〜 ティータイム「京都ではめったに食べられない?北海道スイーツ」

15:30~

 

「データ同化:ゲリラ豪雨予測から異分野連携へ」
三好 建正氏(理化学研究所 計算科学研究機構 データ同化研究チーム チームリーダー)

 

データ同化は、シミュレーションと実測データを融合するデータサイエンスで、力学系理論と統計数理に基づく。近年の天気予報の向上には、衛星データなどを扱うデータ同化が大きく貢献し、気象学の中で主要な分野となった。計算機性能が向上しシミュレーションが広がる中、データ同化が役立つ場面も増える。本講演では、気象学における最先端のデータ同化研究を紹介し、森林や古気候への展開、さらに幅広い応用に向けた展望を議論する。(講演終了後、質疑応答)

16:30~

「地球はどこでも研究室:氷河から熱帯雨林、ヒマラヤから海中まで」
幸島 司郎氏(京都大学 野生動物研究センター 教授)

 

ヒマラヤの氷河に住む昆虫の発見から始まり、氷河生態系と地球環境変動のかかわり、ヒトの白目、イルカの眠り方、そしてボルネオやアマゾン、インドでの野生動物研究にかかわることになった、私の「自由すぎる」研究遍歴のお話を交えながら、「自分の目で見て自分の頭で考える」フィールドワークの重要性と楽しさについてお話します。(講演終了後、質疑応答)

17:30~

年忘れ懇親会(ピザあります)*学生無料 / 教職員1,000円程度
 

備考

*理学部・理学研究科の学生・教職員はどなたでもご参加いただけます。申し込み不要。