巻頭記事『第3回京都大学理学研究科サイエンス倶楽部デイを開催』

巻頭記事『第3回京都大学理学研究科サイエンス倶楽部デイを開催』

挨拶する平野丈夫研究科長

平成29年11月3日(金)、吉田キャンパス北部構内において「サイエンス倶楽部デイ」を開催した。3回目の開催となった今回のサイエンス倶楽部デイには、63名の後援者・同窓生・学生・教職員が参加し、相互の交流と親睦を図り、連携を深めた。

平野丈夫 研究科長による開会の挨拶後、畑浩之 副研究科長から、2016年度基金活動報告があった。続いて、「クォークの世界を探る」をテーマに、物理学・宇宙物理学専攻の永江知文 教授による講演が行われ、その後、理学最前線レポートとして理学研究科基金奨学金受給者代表5名による成果発表があり、盛んに質疑応答が交わされた。最後には理学研究科セミナーハウスへ会場を移し、同基金奨学金受給者35名による理学最前線ポスター発表&茶話会が開催され、活発な意見交換が行われるなど、盛況のうちに閉会した。

サイエンス倶楽部について

 本研究科では平成27年6月に京都大学理学研究科基金を設立するとともに、後援者・同窓生・学生・教職員を構成員とする京都大学サイエンス倶楽部を立ち上げました。サイエンス倶楽部デイは、「理学の新しい芽を育む」をテーマに、本研究科の活動状況を広く知っていただき、構成員相互の交流と親睦を図り、連携を深めることを目的として開催しています。