中曽根 祐介

中曽根 祐介

氏名

漢字 フリガナ
中曽根 祐介 ナカソネ ユウスケ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 物性化学講座 助教

メールアドレス

nakasone (at) kuchem.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

http://kuchem.kyoto-u.ac.jp/hikari/profile.html

 

研究テーマ

私の研究テーマはレーザー分光法による生体分子反応の時間分解検出です。従来の手法では検出が困難なタンパク質の構造変化や分子間反応を、過渡回折格子法を主とした分光測定により捉え、生理機能を生み出す分子機構を理解することを目指しています。

 

研究概要

現在、取り組んでいるのは以下の内容です。

  1. 過渡回折格子法による多種多様な光センサータンパク質の反応測定。
  2. タンパク質反応における中間体の揺らぎ測定(時間分解熱力学の応用により、揺らぎと機能の関係性を理解する)。
  3. 人工的な光応答性DNAや光応答性タンパク質の反応ダイナミクスの検出。
  4. 過渡回折格子法とストップトフロー技術を融合した新規測定装置の開発(研究対象の飛躍的な拡大を目指す)。
  5. 脂質二重膜中における熱や分子の拡散測定(膜蛋白質への応用)。
 

研究分野(キーワード)

過渡回折格子法、光センサータンパク質、生体分子反応

 

ひとこと

【私の研究室での研究を考えている学生さんへ】
当研究室では独自の分光法により生体分子の反応研究を行い、その仕組みを物理化学の言葉で理解することを目指しています。研究を進めていくと、似た構造であっても、全く異なる反応を示すことが多々あり、その個性の強さに驚かされます。その統一的な理解のためには、様々なタンパク質反応の網羅的研究に加えて、重要部位に変異をかける作業や理論的アプローチを組み合わせることが必要となります。こうした地道な作業の積み重ねが生命現象の神秘の理解につながると信じていますので、生体分子と同様に個性豊かな皆さんとチームを組んで一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

趣味:楽しいお酒、アウトドア、旅行
休日の過ごし方:キャンプ、子供の相手