有賀 哲也

有賀 哲也

氏名

漢字 フリガナ
有賀 哲也 アルガ テツヤ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 無機化学講座 教授

ホームページ等のURL

http://kuchem.kyoto-u.ac.jp/hyoumen/

 

研究テーマ

結晶の表面は、結晶の側から見れば周期的境界条件の破れた欠陥にあたり、表面状態と呼ばれる2次元電子状態が生じます。最近では、結晶そのものの対称性に由来するトポロジカル表面状態も注目されています。一方、外部(たとえば気相)から見れば、吸着、反応、結晶成長など化学反応性の高い媒体です。このような表面の性質について様々な方向からアプローチして、新しい物理・化学を生み出すことを目指しています。

 

研究概要

私自身が現在特に興味を持っているのは以下のような問題です。

  1. 結晶表面における相転移現象のメカニズムと分類。
  2. 半導体表面上の2次元金属超薄膜の性質(1D, 2D電子状態、電気伝導性、原子配列、およびそれらの間の相関)
  3. 2次元金属超薄膜と吸着分子の相互作用、およびそれによる超薄膜電子状態の制御。
  4. 表面電子状態、とくにRashba効果など強いスピン軌道相互作用に由来する特異性
 

研究分野(キーワード)

 

 

ひとこと

☆表面化学研究室での研究を考えている学生の方へ
表面の科学は、化学、物理、工学などさまざまな学問分野を横断する、比較的若い研究領域です。既成の概念、学問体系が根こそぎひっくり返るような大事件が10年おきくらいに起こっており、そのたびに学問が刷新されています。そういう大事件を自分で起こしたい方、参加したい方、目撃したい方はどうぞ。化学とか物理とかの枠組みに囚われず、自分でよく考えることが大切だと思います。