田中 隆行

田中 隆行

氏名

漢字 フリガナ
田中 隆行 タナカ タカユキ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 有機化学講座 助教

メールアドレス

taka (at) kuchem.kyoto-u.ac.jp

 

プロフィール

私は学生時代から現在の研究室でポルフィリン関連化合物に基づく構造有機化学を研究してきましたが、短期留学中には超分子化学を、博士研究員時代にはグラフェン化学に従事し、現在の研究ではこれらを融合した新しい化学を展開することを目指しています。

 

研究テーマ

私は有機合成化学に基づいた新しい機能性有機分子の合成に取り組んでいます。様々なπ共役分子を開発し、その構造、光物性、電子物性の解明を通じて、有機分子の新たな性質を見出すことを目指しています。

 

研究概要

具体的には以下のような分子群を研究しています.

  1. π拡張ポルフィリン類縁体
  2. 環縮小および環拡張ポルフィリン類縁体
  3. 窒素原子を含むナノグラフェン化合物
  4. ボウル型・らせん型といった三次元ナノ構造体
  5. スピン伝達系分子ワイヤー、ラジカル性分子テープ
 

研究分野(キーワード)

構造有機化学、有機合成化学、超分子化学、錯体化学

 

ひとこと

【私の研究室での研究を考えている学生さんへ】
有機化学の研究では、望みの分子を合成するのにほとんどの時間を費やします。しかしながら、いったん分子ができてしまえば、その構造や性質の解明には、NMRやX線結晶構造解析といった測定手法に加え、光化学や無機化学といった幅広い知識が必要となります。
したがって、我々の研究室には、有機化学の深い知識を持っていることはもちろん重要ですが、そうした広い視野、粘り強く合成に取り組む体力、目の前に起こっている現象を洞察する探究心を持っている学生さんが向いていると思います。学生さんひとりひとりにオンリーワンの分子を合成するテーマを出しますので、ぜひ当研究室で化学を楽しんでもらいたいと思います。