大倉 敬宏

大倉 敬宏

氏名

漢字 フリガナ
大倉 敬宏 オオクラ タカヒロ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 火山研究センター 火山研究センター 教授

プロフィール

奈良県生まれ
2016年熊本地震は阿蘇の火山研究センターにて体感
センターをふくむ阿蘇地域の復旧・復興に尽力しています

 

ホームページ等のURL

http://www.aso.vgs.kyoto-u.ac.jp/staff/bonkura/index.html

 

研究テーマ

私個人の研究のテーマは 火山物理学や地震学です。
京都大学には、北海道から九州まで、数多くの遠隔地施設があります。私は阿蘇の地で、地震計を聴診器代わりに、GPSなどで身体測定しながら、マグマのゆりかご(マントルウェッジ)から墓場(火山)までを診ています。

 

研究概要

現在、興味があるのは地震学・火山物理学の中でも以下のような話題です。

  • 九州地方のマントルウエッジの地震波速度構造とマグマ発生機構
  • 阿蘇カルデラ深部の地震波速度構造
  • GPSによる阿蘇カルデラや別府島原地溝帯の地殻変動観測
  • 阿蘇火山での長周期微動発生メカニズム

また、フィリピンやインドネシアの火山でも研究活動をおこなっております。

 

研究分野(キーワード)

火山、沈み込み帯

 

ひとこと

火山は地球内部を覗く「窓」です。この窓を通して、地球の息吹を感じながら日々の観測研究を行っています。観測で得たデータは火山から発せられるメッセージです。それに謙虚に耳を傾け、文脈を読み解き、地球内部の実像に迫ります。先入観は禁物。大きな嘘には人を信じさせる力がありますので。