伊藤 照悟

伊藤 照悟

氏名

漢字 フリガナ
伊藤 照悟 イトウ シヨウゴ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 植物学教室 分子植物科学講座 助教

メールアドレス

shogoi (at) cosmos.bot.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

http://cosmos.bot.kyoto-u.ac.jp/clock/index.html

 

プロフィール

シロイヌナズナの全ゲノムが決定された後に研究人生をスタートさせた。
シロイヌナズナのの光応答、概日時計、光周性花成応答のメカニズムを分子生物学、分子遺伝学、生化学的手法を用いて、分子のレベルで解析してきた。Oyama Labではウキクサを主な実験材料として形質転換ウキクサ植物の作成に成功し、分子レベルでの概日時計機構の解析を行っている。ウキクサの花成、休眠、加齢と概日時計の関係にも興味がある。

 

研究テーマ

光合成物の概日時計機構の分子メカニズム研究と概日リズムが制御する様々な生理現象の研究。

 

研究概要

生物が持つ概日時計が24時間を計測する仕組みに興味を持ち、約24時間の振動を生み出すメカニズム、24時間の外環境と同調するメカニズム、細胞間・組織間が時刻情報を同期させるメカニズムを解析している。さらに概日時計機構が制御する様々な生理現象、特に季節応答に興味を持ち、地球の公転にともなって変化する季節を感知するメカニズムを解析している。解析対象は、高等植物で、安定形質転換体、一過的遺伝子導入、発光レポーター、自動発光測定装置等を使い、現象を分子の言葉で説明できることをめざす。

 

研究分野(キーワード)

植物生理学、時間生物学、分子生物学

 

ひとこと

研究室ではシロイヌナズナ、ウキクサを用いているが、自宅では芝生を育て、地下茎や匍匐茎にも興味を持っている。子どもたちと芝生の庭で遊ぶのを楽しみにしている。