八田 振一郎

八田 振一郎

氏名

漢字 フリガナ
八田 振一郎 ハツタ シンイチロウ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 化学教室 表面化学 助教

研究分野

薄膜・表面界面物性、表面科学
 

メールアドレス

hatta (at) kuchem.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

http://www.hyoumen.kuchem.kyoto-u.ac.jp
 

自由記述欄

研究の対象は結晶表面に形成される低次元物質の電子物性です。1nmにも満たない超薄膜は固まりの物質とはまったく違う性質を示します。それらを超高真空中で作成し、光電子分光や電気伝導度測定で調べています。関心のある話題: (1) 電荷密度波相転移とそれに伴う金属絶縁体転移 (2) 表面電子状態におけるラシュバ効果 (3) 表面状態を介した電子輸送(電気伝導) (4) 低速電子回折や表面X線回折による超薄膜の原子構造決定

The object of my research is the electronic properties of low-dimensional materials formed on crystal surfaces. Ultrathin films with the thickness less than 1 nm have quite different properties compared to thick films or bulk samples. I prepare them under ultrahigh vacuum conditions and study them by photoelectron sepctroscopy and in-situ conductivity measurement. The topics of interest: (1) Charge-density-wave (metal-insulator) transition (2) Rashba-type spin-orbit interaction in surface states (3) Electron transport (dc electrical conduction) through surface state (4) Structure determination of ultrathin films by LEED and SXRD.