根田 昌典

根田 昌典

氏名

漢字 フリガナ
根田 昌典 コンダ マサノリ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 地球物理学教室 水圏地球物理学講座 助教

メールアドレス

konda (at) kugi.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

http://www-ocea.kugi.kyoto-u.ac.jp/konda/

 

プロフィール

私はリモートセンシングによって海洋の諸現象を観測する研究に取り組むことから研究生活を始めました。海は広大なので現場観測に基づいたデータからはなかなか海洋の全体像がわかりにくいのですが、当時黎明期であった人工衛星観測に注目したそのモチベーションは、地球が住みやすい環境に維持されていることに対する海洋の役割を知りたいということでした。その後、少しずつ研究を進めるにつれて、大規模な変動を下支えする具体的な物理過程を知りたいと考えるようになり、現在の研究テーマに至っています。

 

研究テーマ

私の専門分野は海洋物理学です。主に観測されたデータ(現場観測データや人工衛星観測データ)を基にして大気と海洋の相互作用に関する研究を進めています。熱帯域で顕著なエルニーニョ・南方振動における海洋の果たす役割や中緯度における海洋表層変動と大気変動の関係についての研究など、大きなスケールの相互作用研究を実施してきました。現在は、気象擾乱に対して海洋表層の物理的な構造が変化する過程を詳細に観測して、長期的な変動を引き起こす素過程ともいえる短期的な変動がどのように働いているのかを明らかにするための観測研究にも取り組んでいます。

 

研究概要

現在おもに取り組んでいるのは以下のようなテーマです。

  • エルニーニョ・南方振動の発生プロセスに対する局所的な変動が果たす役割
  • インド洋における顕著な季節変動(モンスーンに伴う変動)と年々変動の関係
  • 中緯度気候パターンの発生に対する海洋の果たす役割
  • 北西太平洋(日本周辺海域)における海洋混合層変動
  • 海面からの短期間の乱流エネルギーインプットが海洋混合層の形成と変動に果たす物理過程の詳細観測(海面乱流フラックス、波浪、海洋上層の乱流エネルギーの観測)
  • 生化学的なパラメータを用いた海洋乱流構造の変化の観測
  • リモートセンシングによる海洋の動態の把握
 

研究分野(キーワード)

 

 

ひとこと

海洋物理学という学問分野は一般の方にはあまりなじみがないように思います。普段私たちがみている海は、海岸から眺める大きな水たまりのようで、せいぜい潮の満ち引きと波が打ち寄せるくらいの変化しか見せてくれません。水は空気に比べて熱容量が1000倍くらいあるので、じっとしている巨大な水たまり(貯熱タンク)としての役割も重要ですが、実はこの性質も変動していて地球の気候の維持と変化に重要な役割を果たしています。海洋の振る舞いはいくつもの物理法則によって変化していますが、その主なものは流体力学と熱力学から導き出されるものです。したがって、大学から海洋物理学に取り組むにあたって、高校までに特別な知識を得ておく必要はありません。実は気象現象や海の生き物に関係する日常的なニュースにも海洋物理学が密接に関係していることも多いのです。その気になれば身の回りに学ぶべき材料や興味深い現象はたくさんあります。学生の皆さんには、自分の興味を広げる好奇心を養って様々なことにチャレンジしていただきたいと思っています。できれば、その中に地球環境や海洋についての興味も含まれていればとてもうれしいです。