竹腰 清乃理

竹腰 清乃理

氏名

漢字 フリガナ
竹腰 清乃理 タケゴシ キヨノリ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 物性化学講座 教授

研究テーマ

ガラスや合成高分子など長距離秩序をもたない固体粉末試料における局所構造解析法を目指して、核磁気共鳴法(NMR法)の方法論(測定装置、測定手法、データ解析・処理法など)を研究している。また、固体におけるさまざまな時間領域の分子運動と巨視的な物性を解明する方法としてのNMR法の応用および測定法の開発にも興味がある。

 

研究概要

固体物質における静的動的構造を研究し、物性・機能の発現機構を解明するために、固体NMRにおける新しい方法論の開発を行っている。現在行っている研究例は次の通り。
1)新ハードウェア・新測定手法・原理の開発:
 ・検出器の冷却・ノイズの統計処理・磁化の有効活用などによる高感度化
 ・摂動で扱えない四極子相互作用を持った系における磁気共鳴法の研究
2)上記で実現する新たな分析の「目」を活かして、従来は情報を得ることが困難であった系、例えば、粉末、薄膜材料、ナノ粒子、アモルファス試料における局所構造解析や分子運動解析を行い、その巨視的物性、例えば、イオン伝導度の微視的な解釈を行う。また、重要な生体高分子の高次構造の研究にも興味がある。

 

研究分野(キーワード)