中西 和樹

中西 和樹

氏名

漢字 フリガナ
中西 和樹 ナカニシ カズキ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 無機化学講座 准教授

メールアドレス

kazuki (at) kuchem.kyoto-u.ac.jp

 

プロフィール

入学以来京都大学から出たことがありません。大学院では高分子物理化学を学びました。工学研究科で液相法による無機材料の研究を始めて、分析化学との共同を行うと共に、自身の発明に関する知財の取扱や技術移転・ベンチャー創業支援などを経験しました。理学研究科でも、世の中への出口を意識しつつ、大学ならではの普遍性の高い材料化学の研究を目指しています。

 

研究テーマ

溶液プロセスに基づいて作製される多孔性物質を研究しています。特に、重合誘起相分離とゾル-ゲル転移が並行して起こる反応系を利用して、多孔構造の制御を行っています。無機材料をはじめ、有機無機ハイブリッドや高分子材料まで広い材料組成を対象としています。

 

研究概要

現在の研究テーマは以下のようなものに代表されます。

  1. 階層的多孔構造をもつモノリス状(塊状)セラミックス材料
  2. 階層的多孔構造をもつモノリス状シリカと高性能液体クロマトグラフィー(HPLC)分離媒体への応用
  3. 金属塩を前駆体とする多孔質酸化物およびリン酸塩セラミックスの新規かつ広範な作製法
  4. エアロゲルなどの低密度固体の作製と構造制御
  5. 多孔性高分子モノリスとそのカーボンあるいは非酸化物セラミックスへの転化
 

研究分野

ゾル-ゲル法、多孔材料、クロマトグラフィー、エアロゲル、相分離

 

ひとこと

【研究室に興味のある方々へ】
自学自習と国際的に活躍する科学者になるために必要な語学力の涵養を旨として、できるだけ自由度の高い研究環境を整え、異なる研究領域や学外・企業・外国の研究者との接点を多く持てるよう配慮しています。自然の見せてくれる多様な実験事実に驚きながら、反応・物性の精確な測定・解析や、現象の正しい解釈を与える理論を身につけ、幅広い化学を身につけて欲しいと願っています。