田中 洋光

田中 洋光

氏名

漢字 フリガナ
田中 洋光 タナカ ヒロミツ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 生物物理学教室 神経生物学講座 助教

研究分野

神経生物学

Neuroscience

 

メールアドレス

tanaka (at) neurosci.biophys.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

所属研究室のホームページ: http://www.neurosci.biophys.kyoto-u.ac.jp/main.html
教育活動データベース: https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/cD0dP

 

自由記述欄

私たちが何かを学習する時、また記憶が形成される時には、神経細胞間で情報を伝える部位であるシナプスにおいて、情報伝達の効率が変化すると考えられている。この情報伝達効率の変化の代表例として、海馬における長期増強現象 (LTP: long-term potentiation) が挙げられる。情報伝達が頻繁に行われるシナプスでは、伝達効率が亢進しその状態が持続する。シナプスでは、情報を伝える神経細胞からグルタミン酸等の伝達物質が放出され、情報を受け取る細胞の細胞膜(シナプス後膜)上に存在する受容体に結合することで、情報が伝えられる。長期増強が起きる際には、シナプス後膜において、AMPA型グルタミン酸受容体 (AMPA受容体) の数が増加することが重要である。しかしながら、長期増強の発現に際して、複数種あるAMPA受容体がいつどのような経路を通りシナプス後膜で増加するのかは不明である。そこで私たちは、全反射顕微鏡を用いてシナプス後膜内外でのAMPA受容体の動態を可視化できる新実験手法を開発し、長期増強時のAMPA受容体の変化を研究している。
 

When we learn and remember something, the efficacy of information transmission between neurons change in the brain. The information transmission occurs at a synapse, where a presynaptic neuron secretes transmitter molecule such as glutamate, and receptor proteins on the postsynaptic membrane capture transmitter and respond. Repeated use of a synapse increases the transmission efficacy for long-term, which is called long-term potentiation (LTP), and contributes to the formation of learning and memory. The increase in number of AMPA-type glutamate receptor (AMPAR) is a main molecular mechanism for LTP. However, when and how different types of AMPAR increase in the postsynaptic membrane has been unclear. Therefore, we address this issue by developing new experimental methods to visualize the change and movement of AMPAR around postsynaptic membrane using total internal reflection fluorescence microscopy.