田中 洋光

田中 洋光

氏名

漢字 フリガナ
田中 洋光 タナカ ヒロミツ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 生物物理学教室 機能統合学講座 助教

研究テーマ

記憶・学習の分子機構の可視化

 

研究概要

私たちが何かを学習する時、また記憶が形成される時には、神経細胞間で情報を伝える部位であるシナプスにおいて、情報伝達の効率が変化すると考えられている。この情報伝達効率の変化の代表例として、海馬における長期増強現象 (LTP: long-term potentiation) が挙げられる。情報伝達が頻繁に行われるシナプスでは、伝達効率が亢進しその状態が持続する。シナプスでは、情報を伝える神経細胞からグルタミン酸等の伝達物質が放出され、情報を受け取る細胞の細胞膜(シナプス後膜)上に存在する受容体に結合することで、情報が伝えられる。長期増強が起きる際には、シナプス後膜において、AMPA型グルタミン酸受容体 (AMPA受容体) の数が増加することが重要である。しかしながら、長期増強の発現に際して、複数種あるAMPA受容体がいつどのような経路を通りシナプス後膜で増加するのかは不明である。そこで私たちは、全反射顕微鏡を用いてシナプス後膜内外でのAMPA受容体の動態を可視化できる新実験手法を開発し、長期増強時のAMPA受容体の変化を研究している。

 

研究分野(キーワード)