ENESCU Bogdan Dumitru

ENESCU Bogdan Dumitru

氏名

漢字 フリガナ
ENESCU Bogdan Dumitru エネスク ボグダン ドウミトル

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 地球鉱物学教室 固体地球物理学講座 准教授

メールアドレス

benescu (at) kugi.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

http://www-seis.kugi.kyoto-u.ac.jp/~benescu/index.html

 

プロフィール

地震発生機構の物理的な理解と、将来発生する地震災害リスクの評価や軽減を目的としています。
通常の地震やスロー地震発生の多様性に注目しながら、応力の変化に伴う大地震発生前後の地震活動パターンやそうした物理現象を説明できるモデリングなどを行っています。
世界中の研究者と積極的に共同研究に取り組み、日本における地震発生予測の包括的な物理モデルを構築していき、過去に学んで、将来の地震災害リスクの軽減につながる研究を学生と共に取り組んで行きたいと考えています。

 

研究テーマ

現在、地震学の中で、私の主研究テーマは下記の通りです:

  • 大地震前後の地震活動パターン
  • スロー地震
  • 日本列島の地震活動モデリング・予測
  • 地殻における地震波特性の時間的変化
  • 地殻と上部マントル構造
 

研究概要

私の研究の目的は地震の発生をコントロールする物理現象を理解し、地震のリスクをよりよく評価する方法を見つけることにあります。現在は地震およびスロー地震について様々な角度から研究をおこなっています。巨大地震を予測するために、より良い物理的なモデルを開発したいと思います。また地殻における地震波特性の時間的変化の研究や詳細な地下速度構造のマッピングにも強い興味を持っています。

 

研究分野(キーワード)

地震学、地震活動、スロー地震、地殻、上部マントル、地震災害リスクの評価

 

ひとこと

【私の研究室での研究を考えている学生さんへ】 
地震と火山に関する研究は学ぶことの多い非常に魅力的な分野です。最近の数十年間で地震・火山の研究におけるモデリングとモニタリングの能力が非常に改善した一方、これらの自然現象についての私たちの理解はいまだに限られています。我々の目の前にはまだまだたくさんの課題が山積していますが、同時にすばらしい科学的発見が得られる見込みもあります。 私たちの研究成果は自然災害による被害・損害を評価し軽減する助けにもなります。地震学研究室では外国人研究者や留学生とコミュニケーションできるチャンスもあります。京都大学での地球物理学の研究に興味のある学生の皆さん、遠慮なくご連絡ください。歓迎いたします。