ブラ―ミニメクラヘビによるシロアリの頭部切断行動

ブラ―ミニメクラヘビによるシロアリの頭部切断行動

動物学 動物生態学 ZAE001

 

ほとんど全種のヘビは餌を丸呑みにするが、餌をばらばらに分解してから食べる種が数種のみ知られている。ブラーミニメクラヘビは、シロアリを食べる際に、その頭部を切り落として、胸と腹だけを食べる。シロアリの頭部は消化がしにくく毒を含むこともあるが、ブラ―ミニメクラヘビはその部分を巧みな顎の動きによって取り除く。

ブラ―ミニメクラヘビ

Indotyphlops braminus


脊索動物

爬虫

 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用しない
地域 京都工芸繊維大学 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 ‎2014‎/‎8‎/‎20‎ 赤外線 使用しない
撮影時刻 ‏‎15:59 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 水野尊文 時間間隔 (秒) ---
著作権者 水野尊文 速度 標準

in English