ヤマカガシの頸腺を用いた防御ディスプレイ

ヤマカガシの頸腺を用いた防御ディスプレイ

動物学 動物行動学 ZET008

 

ヤマカガシは頸部背面の皮膚の下に、頸腺と呼ばれる特殊な防御器官を持つ。ここにはステロイド毒が蓄積されており、ヤマカガシは、首を広げたり、曲げたり、あるいは、頸部背面を打ち付けてきたりして、頸腺を利用した独特な防御ディスプイレイを行う。

ヤマカガシ

Rhabdophis tigrinus


脊索動物

爬虫

 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用しない
地域 京都大学吉田キャンパス 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 2012/12 赤外線 使用しない
撮影時刻 4:36 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 森 哲 時間間隔 (秒) ---
著作権者 森 哲 速度 標準

in English