藤原耕二教授が2015年度「日本数学会秋季賞」を受賞

藤原耕二教授が2015年度「日本数学会秋季賞」を受賞

facebooktwitter

2017/10/12更新

本研究科数学・数理解析専攻 藤原耕二 教授が、2015年度 日本数学会秋季賞を受賞しました。
日本数学会秋季賞は、日本の数学者に対する表彰では最も権威のある賞のひとつで、特に優れた業績をあげた当学会の研究者または研究グループに贈呈されます。藤原教授の業績は、『雑誌「数学」』で紹介されます。

 

受賞者
藤原 耕二(数学・数理解析専攻 教授)

 

業績題目
「擬ツリー上の群作用の構成」
(英訳:Constructing group actions on quasi-trees)

 

受賞コメント

「新しい分野の研究なので、評価されて嬉しく思います。数学には未解決の興味深い課題がまだまだたくさんありますので、これからも研究に励みます。」

  

詳細については、2015年度日本数学会賞秋季賞 - 日本数学会 のページをご覧ください。