数学・数理解析専攻博士後期課程 宇田智紀さんが日本応用数理学会2016年度会優秀ポスター賞を受賞

数学・数理解析専攻博士後期課程 宇田智紀さんが日本応用数理学会2016年度会優秀ポスター賞を受賞

facebooktwitter

2017/10/12更新

宇田智紀さん(写真右)

日本応用数理学会2016年度年会(北九州国際会議場)にて、本研究科数学・数理解析専攻博士課程 宇田智紀さんが「主値積分の形状微分を用いた定常渦斑の数値計算」のタイトルで優秀ポスター賞を受賞しました。

 

本研究では、2次元Euler方程式の基本的な解である渦斑(一定渦度を持つ領域の)定常問題を、渦斑の未知形状に関する形状微分として捉える新しい数値計算手法を提案してこれまでに知られていない定常解を数値的に捉えることに成功しました。この新手法が 評価されての受賞です。