公募: 地球惑星科学専攻 地球物理学分野 教授

公募: 地球惑星科学専攻 地球物理学分野 教授

facebooktwitter

2020/07/29更新

職種 教授
募集人員 1名
所属および
勤務場所
京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻 地球物理学分野固体地球物理学講座
所在地:京都市左京区北白川追分町
勤務内容

募集分野: 測地学
測地学の見地から、観測、データ解析、シミュレーションなどの手法により、地球の形状やその変動の物理的理解を深める研究ならびに関連する分野での教育を行う。

資格等
  1. 博士の学位を有すること
  2. 学部および大学院の教育に意欲的に取り組むこと
  3. 地球惑星科学の研究を推進し、本専攻の運営に積極的に携わること
着任時期 決定後、可能な限り早い時期
任期 なし
試用期間 あり(6か月)
勤務形態 専門業務型裁量労働制(週 38 時間 45 分相当、1 日 7 時間 45 分相当)
​休日:土・日曜日、祝日、年末年始、創立記念日および夏季一斉休業日
給与等

本学支給基準に基づき支給

手当 本学支給基準に基づき支給
社会保険

文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険および労災保険に加入

応募方法
および
必要書類

応募者は、以下の応募書類をプリントしたもの1部と、そのPDFファイルを納めた記録媒体(USBメモリ、DVD、CD等)を同封し、封筒に「教員公募(測地学)」と朱書し、簡易書留、または配送状況が追跡可能な方法で送付して下さい。

  1. 履歴書
  2. これまでの研究経過(2000字程度)
  3. 研究業績目録
    • A.査読のある論文および総説
    • B.査読のない論文および総説
    • C.著書
    • D.その他の出版物で特に参考となるもの
  4. 主な論文の別刷りまたは著書5編以内(複写可)
  5. 4.の論文・著書それぞれについて、内容と意義を、A4用紙1枚ずつにまとめたもの
  6. 今後の教育および研究の計画と抱負(2000字程度)
  7. 応募者について意見を述べることができる方2名の氏名と連絡先
応募締め切り 令和2年 9 月 30 日(水)必着
選考方法 書類審査(選考段階で、面接または講演をお願いすることがあります。)
書類送付先
および
問い合せ先
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻 専攻長 田口 聡
電話:075-753-3951
e-mail:taguchi*kugi.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
その他

応募書類は採用審査にのみ使用します。正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。応募書類はお返ししませんので、あらかじめご了承願います。
採用後は、地球惑星科学系に所属し、大学院理学研究科地球惑星科学専攻において勤務します。
京都大学は男女共同参画を推進しています。本公募は、その理念に基づき、選考段階で同等と認められる場合は、女性を優先して採用します。
京都大学では、すべてのキャンパスにおいて、屋内での喫煙を禁止し、屋外では、喫煙場所に指定された場所を除き、喫煙を禁止するなど、受動喫煙の防止を図っています。

[参考]
京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻は、地球物理学分野と地質学鉱物学分野が協力して地球惑星科学の高度な教育と先端的な研究を行っています。
地球物理学分野は、理学研究科内の基幹講座と、地球熱学研究施設、地磁気世界資料解析センター、防災研究所、および生存圏研究所の協力講座の教員によって構成されています。令和 2 年 7 月現在の地球物理学分野基幹講座の人員構成は次のとおりです。

  • ◎固体地球物理学講座
    • 教授 (本公募)、久家慶子
    • 准教授 宮崎真一、清水以知子、金子善宏、ENESCU Bogdan Dumitru
    • 助教 風間卓仁
  • ◎水圏地球物理学講座
    • 教授 秋友和典
    • 准教授 吉川 裕
    • 助教 根田昌典
  • ◎大気圏物理学講座
    • 教授 (公募中)、向川 均
    • 准教授 石岡圭一、重 尚一
    • 助教 坂崎貴俊
  • ◎太陽惑星系電磁気学講座
    • 教授 田口聡
    • 准教授 齊藤昭則
    • 助教 原田裕己
  • その他、本専攻に関する詳細は、
    地球物理学分野基幹講座のホームページ http://www.kugi.kyoto-u.ac.jp/
    地球惑星科学専攻のホームページ http://www.eps.sci.kyoto-u.ac.jp/
    をご覧ください。