物理学第二教室

物理学第二教室

物理学教室(第一・第二)全体で各回定員80名

研究内容概要

物理学第二教室では、物質の究極の構成要素であるクオークなどの素粒子の性質、クオークの集まりである核子や原子核のさまざまな現象、そして宇宙全体から星に至る様々な階層の起源と進化の研究を行っています。これらを理論的に研究する「素粒子論」「原子核理論」「天体核理論」、実験的に研究する「高エネルギー物理学」「原子核ハドロン」「宇宙線」の6研究室があります。

 

教室企画概要

『どんな学問』『研究生活って?』『実験室の様子は?』について教員や大学院生が紹介します。具体的には以下のとおりです。
理論系三研究室では『素粒子』『原子核』『宇宙』の最先端の研究について合同講演会を開催します。
実験系三研究室では、素粒子、原子核、天体を研究するための様々な測定器、実験装置の実演、紹介を行います。