鉄と生命の関わり

鉄と生命の関わり

山方 優子

 

皆さんは、「鉄」と聞いて何を思い浮かべますか?恐らく、ほとんどの人が銀色に輝く鉄鋼を想像するでしょう。しかし鉄は他にも、生命活動において非常に重要な役割を持っているのです。

 

一見全く関わりの無いように感じられる鉄と生命ですが、ほとんどの生物において鉄は生きる為に必須な元素であり、また近年の研究により「生命起源を紐解く鍵」なのではないかと考えられています。

 

鉄と生命に関する研究は、1990 年頃から海に鉄を散布するとその海域で植物プランクトンが大量発生することで実証されてきました。ところが、実際海水に含まれる鉄は陸上(土壌)と比べて非常に少ないため、海に住む生物たちがどのように鉄を吸収・代謝して生きているのか、未だ明らかではありません。そこで私が興味を持ったのは、生命が誕生した環境に近いと言われる深海の熱水噴出孔付近に生きる生物たちの鉄代謝です。ここでは、海洋表層と異なり鉄が豊富に存在するため、鉄を優先的に利用した生物が独自の生態系を形成しています。例えば、鉄の鱗を持つ貝や、血液に鉄を多く含むエビや貝などです。私はこれらの生物の血液や筋肉から鉄を抽出し、その鉄の同位体比を測定することで鉄がどのように系内で代謝・利用されているかを明らかにしようとしています。現在この環境における鉄代謝の研究は少ないため、これからの研究結果に期待されています。深海生物の鉄代謝を調べることが、生命誕生当時の鉄利用をひも解く懸け橋になってくれると考えています。