[SG3]本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る

[SG3]本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る

 

企画名

本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る

参加教員

教員名 所属 職名
高瀬 悠太(代表教員) 生物科学専攻 MACS特定助教
高橋 淑子 生物科学専攻 教授
國府 寛司 数学・数理解析専攻 教授
荒木 武昭 物理学・宇宙物理学専攻 准教授
平島 剛志 医学研究科 医学・医科学専攻 講師

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成30年度・通年 未定・隔週に 1 回程度 金曜5限(予定) 理学部1号館5階532号室 または
理学部1号館2階232号室

企画要旨・目的

本企画では、前年度同様、数理と生物科学との分野横断の実例を学びつつ、脊椎動物の生きた胚を観察し、発生過程で起こる様々な現象について数理モデルで説明できる可能性を議論する。具体的には、発生現象を数理的に解析した研究論文を輪読すると共に、その発生現象の「実物」を観察し、数理と生物科学との分野横断の実例を学ぶ。扱う生物は、発生過程を直接観察でき、かつ未経験者でも扱い易いニワトリ胚を予定している。

本年度注目するトピックは、組織の「硬さ」や組織にかかる「力」など、物理的な要素が発生現象に与える影響についてであり、前期には、腸のひだひだ(絨毛)形成に関する論文 [1] を輪読する。この論文では、腸を覆う筋肉の層が腸の形態に物理的な制約を与えることで、絨毛形成が進行することを明らかにしている。この他、以前の SG でも扱った腸のルーピング構造形成についての論文 [2] も合わせて輪読する。トリ胚実習では、腸の絨毛やルーピングの形成過程の観察や実験を行う予定である。

後期には、細胞の集団移動における足場組織の硬さの役割に注目した論文 [2] を輪読する予定である。この他、発生過程における「力」や「硬さ」の役割に関する総説を読み、物理的な要素の測定方法や人工操作法の最新知識を学び、トリ胚実習にも活かしていく予定である。

[1] “Villification: How the Gut Gets Its Villi, AE Shyer et al., Science (2013)”
[2] “On the growth and form of the gut, T Savin et al., Nature (2011)”
[3] “Tissue stiffening coordinates morphogenesis by triggering collective cell migration in vivo, EH Barriga et al., Nature (2018)”

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。

TAG