[SG5]Category Theory and Natural Sciences

[SG5]Category Theory and Natural Sciences

 

企画名

Category Theory and Natural Sciences

参加教員

教員名 職名 所属
佐々 真一 教授 物理学・宇宙物理学専攻
岸本 大祐 准教授 数学・数理解析専攻
石塚 裕大 MACS特定助教 数学・数理解析専攻
太田 洋輝 MACS特定助教 物理学・宇宙物理学専攻

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成29年度・通年 未定・隔週程度(予定) 未定 未定

企画要旨・目的

圏論を使って、エントロピー的なものを定式化する試みを目指して、ゆっくり勉強する。具体的には、Tom Leinster の http://www.maths.ed.ac.uk/~tl/b.pdf により、その背景や必要な道具や考えを学ぶ。そして、https://arxiv.org/pdf/1504.03661.pdf もしくは  https://arxiv.org/pdf/1409.5531.pdf を攻略する。必要に応じて、圏論の勉強を追加する。例えば、Basic category theory (Tom Leinster) [https://arxiv.org/abs/1612.09375;ベーシック圏論(日本語版)]を手許におきつつ、場合によってはそのある箇所を学ぶこともあるだろう。(圏論を全く知らない人は、例えば、https://drive.google.com/file/d/0B-wUHJlJ-mgXRnFpcXE5Q1lVLUk/view を一読すると「何をする学問か」は分かるかもしれない。圏論はどうしても抽象的になるので、表面的なとっつきにくさをできるだけ抑えたものとして、Category theory for scientists (D. Spivak, MIT Press) ; https://arxiv.org/abs/1302.6946 を読むのも手である。  代表の佐々は、エントロピーの専門家であるが、圏論は全くの初心者である。研究のために勉強するというより、普段使っていない部分の頭を使うような新鮮な気持ちで学びたいと思っている。上記題材の非数学的な部分については、佐々が補足できるだろうし、圏論的な部分については、岸本さんや石塚さんが補足してくださるだろう。圏論の見方で自然科学の他の問題に広がっていくことに興味をもつ数学系の人、あるいは、圏論を学んでみようという自然科学系の人が参加してくれれば楽しいと思う。

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。

TAG