[SG8]振動/運動でつなぐ生命現象と数理的原理

[SG8]振動/運動でつなぐ生命現象と数理的原理

 

企画名

振動/運動でつなぐ生命現象と数理的原理

参加教員

教員名 職名 所属
小山 時隆 准教授 生物科学専攻
藤 定義 准教授 物理学・宇宙物理学専攻
市川 正敏 講師 物理学・宇宙物理学専攻
松本 剛 助教 物理学・宇宙物理学専攻

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成29年度・通年 月曜日(1ヶ月に2回以内) 16:00〜18:00 未定

企画要旨・目的

生命現象は生体分子から細胞、さらには生物個体から生物集団まで様々な物質的階層で理解されてきた。本企画では振動や運動という時空間にまたがる理論背景から多様な生命現象を照らし出し、生命現象の本質にアプローチすることを目的とする。生体分子による振動形成、振動子と細胞・個体振動現象、細胞や細胞集団の運動の数理的背景を探るとともに、音や流体が繰り出す様々な物理現象の理論的背景を議論することで生命現象への新たな視点を導く。担当教員が専門分野における問題点を紹介し、その解決へ向けた議論を行う。具体的な課題に対して多様な視点から議論することで、企画参加者は生命現象と数理的原理を結びつける作業を体感する。

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。

TAG