[SG7]自然科学における統計サンプリング:数理から実践まで

[SG7]自然科学における統計サンプリング:数理から実践まで

 

企画名

自然科学における統計サンプリング:数理から実践まで

参加教員

教員名 職名 所属
高田彰二 教授 生物科学専攻
林重彦 教授 化学専攻
佐々真一 教授 物理学・宇宙物理学専攻
七田芳則 教授 生物科学専攻
杉山弘 教授 化学専攻

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成28年度 後期 未定 未定 セミナー室、計算機

企画要旨・目的

物理学、地球科学、化学、および生物学等幅広い物質科学から、データに基づく機械学習等の情報科学まで広範な自然科学において、統計サンプリング、は普遍的な計算科学手法である。そこに共通する問題は、広大な状態(変数)空間を効率よくサンプリングし、興味のある状態を評価することである。そのために、無数のアルゴリズムが開発されてきた。この企画では、最前線にある統計サンプリングアルゴリズムの数理とその背後にある物理の世界を勉強し、それを蛋白質、核酸、他のモデリング問題に適用・実践することである。そこから、新しいサンプリングアルゴリズムが生まれれば素晴らしいことである。
TAG