[SG3]自然科学のためのカテゴリー理論

[SG3]自然科学のためのカテゴリー理論

 

企画名

自然科学のためのカテゴリー理論

参加教員

教員名 職名 所属
佐々真一 教授 物理学・宇宙物理学専攻
岸本大祐 准教授 数学・数理解析専攻
高田彰二 教授 生物科学専攻

関連専攻

専攻名  
数学・数理解析
物理学・宇宙物理学
地球惑星科学
化学
生物科学
●:参加教員の専門分野(所属専攻)・学生を募集する主な分野(専攻)
○:学生・教員から希望があれば参加可能な分野(専攻)
 

実施期間(開講曜日・時間等)

年度・期 開講曜日 時間 場所
平成28年度 後期 未定 未定 セミナー室

企画要旨・目的

自然科学における様々な理解の仕方(モデル化や理論)について、個別の対象を超えた枠組みをあたえる可能性として、カテゴリー理論を学ぶ。特に、自然科学の様々な例を通じて、幅広い自然科学者やそれを目指す学生が各専門分野を超えて新鮮な議論をすることを目指す。具体的に、まず、2011年のPLOSone論文”Category Theoretic Analysis of Hierarchical Protein Materials and Social Networks”を読んで、理論の雰囲気を掴む。次いで、教科書”Category theory for the Sciences” (David I Spivak, 2014) を輪講する。
TAG