MACS共催 生物多様性コロキウム

MACS共催 生物多様性コロキウム

運動パターンを制御する神経回路機構

日時

2020年1月24日(金)16:00〜

 

場所

京都大学理学部1号館106号室(BP1)
アクセス 建物配置図(北部構内)【2】の建物

 

講師

能瀬聡直 教授(東京大学 新領域創成科学研究科)

 

概要

動物のあらゆる行動は多数の筋肉を秩序正しく収縮させることで実現されます。私たちは、ショウジョウバエ幼虫のぜん動運動をモデルとして、この背景にある神経回路の仕組みを探っています。このため、運動中に特定のタイミングで活動し、したがって運動の制御に関わるようなニューロンを探索し、その役割を解析しています。また、コネクトミクス解析とよばれる電子顕微鏡画像の3次元再構築によりニューロン間の結合様式を明らかにする手法を用いて、これらニューロンがどのような回路構造を介して運動を制御しているのかを探っています。本セミナーでは、体節間の協調した活動伝播を実現する神経回路の構造と機能に関する最近の知見について紹介します。

(使用言語:日本語)

 

対象

学部生・大学院生・教員・一般 聴講は無料、お申し込みは不要です。

 

主催

理学研究科 生物科学専攻 生物多様性コロキウム

 

共催

MACS特別セミナー

 

参考URL

http://www.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/jpn/seminar/2019/12/20200124.html