SG6「細胞内化学反応の数理モデリング」セミナー

SG6「細胞内化学反応の数理モデリング」セミナー

細胞を数理で描く

日時

2017年12月19日(火)14:00〜16:00

 

場所

理学部3号館110講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【5】の建物

 

講演

講演者 柴田 達夫氏(理化学研究所 フィジカルバイオロジー研究チーム)
タイトル 細胞シートの形態形成を数理科学で考える
概要 上皮細胞からなる組織は、細胞同士の接着を維持しながら変形や運動をすることができる。数理モデルを用いて細胞の性質と組織のスケールを関係づけて、上皮組織の形態形成を考える。
 
講演者 望月 敦史氏(理化学研究所 望月理論生物学研究室)
タイトル 生命システムの振る舞いをネットワークの形だけから決定する
概要 無数の化学反応が連結した複雑なネットワークシステムの動態から、細胞の生理機能が生まれるのだと考えられている。我々は、ネットワークの構造だけから、関数やパラメータを仮定せずに、化学反応系の振る舞い(酵素変動に対するシステムの応答、および定常解の分岐)を解析する、二つの数理的手法を発見した。具体的な生物システムの例を用いて紹介する。