SG8 生物多様性コロキウム

SG8 生物多様性コロキウム

おもしろDuoトーク「私たちの体を守る皮膚の謎」

日時

2017年1月10日(火曜日)15時00分〜17時30分くらい

 

場所

理学部3号館110講義室(数学教室)

 

「皮膚を司る魔法の数字“3”」(生物の話)

慶應大学 医学部・久保 亮治 准教授

皮膚は体表を守るバリアである。皮膚は、バリアを破ることなく、その構成細胞を日々入れ換えて新陳代謝するという、驚異のワザを備えている。角層バリアの3層構造から、タイトジャンクション(TJ)バリアを構成する“ケルビン14面体細胞”が作りだす3層構造まで、驚異のワザの鍵となる数字“3”の必然性に迫る。

 

「表皮が維持される仕組みを数理で考える」(数理の話)

北海道大学 電子研・長山 雅晴 教授
皮膚は環境と生体をわける境界としてあるだけでなく、角層バリア機能とよばれる重要な機能を持っている。細胞が分裂し続け、刻一刻と表皮は変化し続けるにも関わらず、表皮がバリア機能を維持し続ける仕組みは何か?表皮の数学モデルを作り、この謎に迫りたい。

 

世話人

生物科学専攻動物学教室・高橋 淑子

 

*他専攻からの来聴も歓迎します。