研究科長挨拶

研究科長挨拶

京都大学大学院理学研究科長・理学部長 平野丈夫

 京都大学大学院理学研究科は、数学・数理解析、物理学・宇宙物理学、地球惑星科学、化学、生物科学の各専攻からなり、複数のノーベル賞・フィールズ賞受賞者を輩出するなど、各分野で国内外に誇れる研究業績を上げ、また多くの優れた人材を輩出してきたと自負しております。また、近年は「数理を基盤として新分野の自発的創出を促す理学教育プログラム」の実施など、分野間の融合研究・教育にも力を注いでいます。

 理学は、自然現象に関する真実の探究を行うもので、曇りなき眼で自然現象の本質について自由・大胆に考えを巡らし、その上で真実を合理的に追究する学問です。世界の有様を大きく変えるような科学上の発見の多くは、自然界の真実に対する純粋な好奇心に基づく理学が生み出してきたと考えます。京都大学大学院理学研究科教員のほとんどは、本質・真実の発見に無常の喜びと幸せを感じていると思います。本研究科が最も誇るべきは、好奇心旺盛で個性的かつ多才多様なスタッフ陣です。

 近年、研究についてもすぐに役立つわかりやすい貢献が求められる傾向が強くなっているように思います。私たちの多くも、自分の研究が世の中の役に立つことを願っています。しかし、短期的・局所的な視点だけでは、大きな発見は難しい場合が多いと思われます。大きなブレークスルーを生む発想の転換には、広い視野を持ち、深い洞察を行える気持ちの余裕と遊び心が必要なのではないでしょうか。最近、政治の世界で事実軽視と思われる発言が増えていることも懸念しております。事実誤認が良い結末につながるとは思えません。本研究科は、自然界の現象・事実に無心で向き合い、物事の本質を見極める努力を、教員・学生が協力しながら進めていく場であり続けたいと考えております。

在学生の皆様へ

 理学研究科・理学部は充実した施設・設備を有していますが、最も誇るべきは人材だと思っています。多様な個性を有する優れた方が、教職員だけではなく学生にも多くいます。良き人との出会いを通して視野を広げ、物事の本質・真相を見抜く洞察力を身につけてください。また、皆さん各人が一構成員として私たち教職員と共に、理学研究科・理学部をより魅力的な場・組織にすることにも貢献していただきたいと願っています。

 理学部の教育体制は、学生各人の選択権・自由度の大きいシステムになっています。卒業までに各科目群等で一定数以上の単位を取得しなければなりませんが、必須科目は卒業研究だけです。選択の幅が広く、判断に困ることもあるかと思います。一部の授業につきましては、高校の授業とのギャップが大きく、とまどうことがあるかもしれません。高校での未履修者向けの講義等もありますので、それらを活用したり、教員・先輩・同級生等と相談しながら、自身の興味・適性を絞り込んでいってください。

 本理学部・理学研究科は、懐の広い教育組織で、型にはまらない多様な人材を育成できる場と考えています。こうした環境は特に、自らよく考えて主体的・能動的に行動できる学生に適していると思います。どうぞ、積極的に行動してください。ただし、あせりは禁物です。最先端の研究等に実質的に参加するためには、十分な学力・知識・技術・経験が必要です。前向きで能動的な姿勢を保ちつつ、着実に実力を身につけてください。理学研究科・理学部で眼力とたくましさを磨き、自らの判断で新たな道を切り開けるtoughでcoolな人に育ってください。

志願者の皆様へ

 アドミッションポリシーに記載しておりますように、以下のような学生に、京都大学理学部・理学研究科で、私たちと共に学び研究する人の輪に加わっていただきたく思っております。

  • 優れた科学的素養・論理的合理的思考力と語学能力を有し、粘り強く問題解決を試みる人
  • 自由を尊重し、既成の権威や概念を無批判に受け入れることなく、自ら考え、新しい知を吸収し創造する姿勢を持つ人
  • 自然科学の進歩を担う研究者、およびその普及・社会的還元に携わることを目指す人

教職員の皆様へ

 予算および教職員定員削減の中での仕事増が、私たち教員の本来の職務である教育・研究の質を低下させてしまうことが懸念されます。業務を見直し、優先度の高い重要な事柄を見極めていくことが必要と思います。情報の取捨選択と整理をしたうえでの提供と、研究科内でのコンセンサス形成を大事にした運営を心がけていきたいと思っておりますので、理学研究科・理学部の発展のためにご協力をお願いいたします。

支援者の皆様へ

 中長期的視点で自然現象に関する真実の探究を行う理学研究と、高い科学的素養・論理的合理的思考力を身に着け、粘り強く問題解決を行える眼力とたくましさを有する学生の育成への助力をお願いしたく思っております。厳しい予算・定員削減下で、私たちには余裕がなくなり、研究・教育の各局面で必ずしも十分なことを実施できなくなる懸念が生じています。私たちの活動状況は、ホームページおよび11月に行われますサイエンス倶楽部デイ等で報告いたしております。それらをご覧いただき、寄付等での支援をご検討いただけましたら、幸いです。